片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

小説

窓の外を見てください 4

長編小説「窓の外を見てください」の第四回目。日高の作家としてのモノの考え方が、そのまま、作品作りとなり、それが片岡義男の小説になっているのです。

長編小説「窓の外を見てください」の第四回です。日高は、前回の先輩作家夏木冬彦との対談を依頼した編集者の中沢からのメールで対談と同時に掲載したいから短編小説を書いて欲しいという依頼を受けます。そこで、下北沢の喫茶店へ向かい、そこで見かけた50代の男性をモデルに、ひとつの物語を組み立てていきます。そして、それをノートにメモして、もう一軒の喫茶店へ。そこでも、店主の女性をモデルに別の物語を考えます。日高の作家としてのモノの考え方が、そのまま、作品作りとなり、それが片岡義男の小説になっているのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加