片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

小説

人生は野菜スープ

1975年に野生時代に発表され、1980年に同名の短編集に収録された作品とは全く別の、2015年に群像に発表され、2016年に「と、彼女は言った」に収録された作品です。

1975年に野生時代に発表され、1980年に同名の短編集に収録された作品とは全く別の、2015年に群像に発表され、2016年に「と、彼女は言った」に収録された作品です。作家の高村江利子は、高校の同級生で親友の俳優伊東竜二から、仕事を引き受けて欲しいという電話を受けます。その中のひとつの仕事は、竜二の三人の姉妹へのインタビュー。江利子は友人の小夜子と夕食の約束をして、それぞれ別の店を持っている姉妹たちへの取材に向かいます。それぞれの人生が小さな商店街の中で営まれている、それが物語になっていくかもしれない、そういう小説です。

このエントリーをはてなブックマークに追加