片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

小説

おでんの卵を半分こ

作家の友納直樹は三十七歳。ある日、彼は高校時代からの友人であり元同僚でもある河原が開いたデイヴ・ブルーベックのCDがかかるコーヒーの店サンタナへ向かいます。

作家の友納直樹は三十七歳。ある日、彼は高校時代からの友人であり元同僚でもある河原が開いたデイヴ・ブルーベックのCDがかかるコーヒーの店サンタナへ向かいます。旧知の二人はジャズの話から近況の報告、そして河原の離婚した奥さん立花香代子の話になります。友納は河原に連絡先を聞いて、香代子に会いに行きます。河原の店に行き、今、香代子と会うのがストーリーの展開のためだと語る友納は、その後、河原の店で会った、河原の交際相手と出会うことになります。その一連の人と人との関係と推移がストーリーとなり、この小説が生まれます。

このエントリーをはてなブックマークに追加