片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

エッセイ

一杯だけのコーヒーから

 コーヒー豆のことは英語でもコーヒー・ビーンズと呼ばれている。しかしあれは豆ではない。コーヒーの木に出来る実だ。コーヒー豆のことをコーヒーの実と言ってつうじるだろうか。僕はたまに豆の状態のものを買うが、ほとんどはすでに挽いてあるものを買う。パッケージの袋には粉と表記してある。これもけっして粉、すなわちパウダーではない。コーヒー豆を挽く動作を英語では、コーヒー豆をグラインドする、という。グラインドは名詞でもあるから、その場合はコーヒー豆の挽き具合、という意味になる。そしてコーヒー・グラインドは、コーヒー豆を挽く道具だ。すでに挽いてあるコ…

底本:『洋食屋から歩いて5分』東京書籍 2012年
初出:『四季の味』2012年夏号

このエントリーをはてなブックマークに追加