片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

エッセイ

いきつけの喫茶店について

 その私鉄駅の北口へ出ると、すぐ目の前が横断歩道だ。それを渡り、右へいっても、そして左へいっても、ほぼ二十メートルほどのところに、脇道がある。駅の北口から見て右へいった場合には、その脇道を左に入る。左へいった場合は、脇道を右へ入る。二本の脇道は平行して北へとのびている。かつては住宅地だったところだが、ずっと以前から駅前の商店街として存在している。
 どちらの脇道を歩いたとしても、百二十メートルほどで、おなじような道と直角に交差する。ここも商店街の道だ。駅から見て右の脇道を歩いて来たなら、交差するその道を左へ曲がる。駅から…

底本:『洋食屋から歩いて5分』東京書籍 2012年
初出:雑誌『AZUR』東京ニュース通信社 2011年8月号

このエントリーをはてなブックマークに追加