片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

エッセイ

撮りそこなったあの雨の日

 もう何年も前、なんの用事もないままに、羽田から飛行機に乗ってハワイへいってみた。写真家の友人がいっしょだった。ふたりとも、何度目とも知れないハワイだった。しかし貿易風はいつ来ても素晴らしいものだった。椰子の葉が貿易風に鳴る音を聴いているだけで、ハワイへ来たのは正解だったと、ふたりは思った。ダウンタウンの中華料理の店で、スティームド・ホワイト・ライス(白いご飯)にサワー・ポーク(酢豚)の夕食を、ふたりで食べた。ほかにもいろいろと注文したのだが、いまは酢豚しか思い出せない。
 ハワイでは一週間ほど遊んでいた。友人の写真家は…

底本:『洋食屋から歩いて5分』東京書籍 2012年
初出:雑誌『AZUR』東京ニュース通信社 2011年12月号

このエントリーをはてなブックマークに追加