片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

エッセイ

松陰神社前、2018年

東京を撮る 14

「東京を撮る」、今回は2018年9月の松陰神社前の風景です。かなり前に、もう一度ここに来て写真を撮ると決めていたという中華料理店の食品サンプルの撮影を主な目的としつつ、「××荘」といったアパートの「荘」の文字と周囲の風景、看板が倒れないように置かれた重しの石、エナメルの番地票など、かつて東京には沢山あって、しかし最初から永続性は約束されていないために、気がつかない内に消えていく東京の風景を、片岡義男氏はカメラに収めて行きます。今回、冒頭の文章で、そのあたりが詳しく述べられているのも興味深いところです。

このエントリーをはてなブックマークに追加