片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

わたしの片岡義男

No.5|小池昌代「未完の詩」

【読まれてこそ詩になる】
 その人は、〈よき声〉を持っていて、いつも低い位置から静かに語りだす。声には響きと深みがあり、受けとる側の深い部分にまで達した。めったにない浸透力を持った声だ。

 語りだす前には小さな間があって、内容よりも、むしろその間のほうを、なぜかわたしはよく覚えている。

 一般の音楽会でもそんなことがある。最初の音が鳴る、その手前には、気高い無音の沈黙があり、それを聴衆が一瞬にして深く共有すると、音はそこを、乗り越えて出る。そして闇のなかを突破し…

  • #夏
  • #男性
  • #手帳
  • #新聞
  • #女
  • #自由
  • #メモ
  • #作家
  • #季節
  • #文章
  • #梅雨
  • #男
  • #真夏
  • #編集者
  • #読者
  • #不思議
  • #ドア
  • #雨
  • #バー
  • #新宿
  • #蝶
  • #活字
  • #詩
  • #無音
  • #迷路
  • #タイトル
  • #ゴールデン街
  • #原文
  • #ポイント
  • #路上
  • #日経新聞
  • #詩集
  • #小池昌代
  • #よき声
  • #浸透力
  • #音楽会
  • #沈黙
  • #聴衆
  • #場
  • #声の姿
  • #朝刊
  • #読まれてこそ詩になる
  • #約束
  • #界隈
  • #骨まで愛して
  • #ブルー・シャトウ
  • #パープル・ヘイズ
  • #イエロー・サブマリン
  • #ごめんねジロー
  • #僕
  • #姿のいい女性
  • #目次
  • #力点
  • #メモ書き
  • #室生犀星
  • #孵化
  • #毛虫
  • #それ
  • #代名詞
  • #抽象性
  • #わたしの一瞬
  • #長い詩
このエントリーをはてなブックマークに追加