片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

エッセイ

最初から絶対に孤独な人たち

 映画『ぼくの美しい人だから』の原作『ホワイト・パラス』(邦訳は新潮文庫『ぼくの美しい人だから』)のことを、ぼくはイギリス版の『エル』に掲載されていた紹介記事で知った。もう二年ほどまえのことだ。この小説は面白そうだ、ぜひとも手に入れて読んでみよう、と思ってそのまま忘れてしまった。そしてある日、書店の棚で『ホワイト・パラス』のペーパーバックを僕は見つけた。すぐに読んでみた。たいへんに面白かった。自分でもこんな小説を書きたい、と思ったほどに面白かった。
 生まれ育った背景も、受けた教育も手に入れた世界観も、そして現在の生活の…

底本:『ノートブックに誘惑された』角川文庫 1992年

  • #本
  • #ウエイトレス
  • #アメリカ
  • #ペーパーバック
  • #ペイパーバック
  • #エッセイ・コレクション
  • #角川文庫
  • #ヨーロッパ
  • #ぼくの美しい人だから
  • #イギリス
  • #エル
  • #グレン・サヴァン
  • #ホワイト・パラス
  • #小説
  • #恋愛
  • #新潮文庫
  • #本を読む人
  • #男女
  • #映画
  • #1992年
  • #ノートブックに誘惑された
  • #関係
  • #ウェイトレス
  • #孤独
  • #ハッピー・エンディング
  • #おとぎ話
  • #ハッピー・エンド
  • #階層
このエントリーをはてなブックマークに追加