片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

書評

ポテトでアメリカ文化が手に入る幸福

〈書評〉マーナ・デイヴィス著 伊丹十三訳『ポテト・ブック』復刊版

 ポテトの原産地はペルーだ。南米にあった独自の文化に侵略したスペイン人たちによって持ち帰られ、スペイン、アイルランド、プロシヤ、イングランド、スコットランドなどへと、栽培は広がった。スコットランドやアイルランドからの移民によってアメリカに持ち込まれたのは一七一九年だったという。
 持ち込まれて栽培されたそのロング・アイランドの土地は、広いアメリカでも珍しい質の土地で、ポテトの栽培に最適だった。だからここがアメリカにおけるポテト…

底本:『週刊朝日』2015年5月1日号

このエントリーをはてなブックマークに追加