片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

エッセイ

小説のなかの食事

 永井荷風の『濹ぼく東とう綺き譚たん』には妙な導入部がある。導入部と言うか助走路と呼ぶべきか、小説の冒頭にあるべき文章ではなく、ここだけで独立したエッセイとしたほうがいいような部分だ。新潮文庫の七十六刷では、本文が始まる第五ページから十九ページの四行目までだ。この小説にとってはまったく必要ないし、内容との関係もほとんどない。そのおしまいのほうに、次のような一節がある。
 
小説をつくる時、わたくしの最も興を催すのは、作中人物の生活及び事件が開展する場所の選択と、その描写とである。わたくしは屢しばしば人物の性…

底本:『白いプラスティックのフォーク──食は自分を作ったか』NHK出版 2005年

このエントリーをはてなブックマークに追加