片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

エッセイ

ひとりのバイク好きの思い入れ集

 一九四六年のホンダAというオートバイからはじまって一九八三年のヤマハXT600Zテネレにいたるまで、じつに二百六台の日本のオートバイについての、「ひとりのバイク好きの思い入れ集」(著者自身の言葉)をぎっしりとつめこんだのが、この本『オートバイ・グラフィティ』だ。著者の心のなかになんらかのかたちでいまも残っている二百六台のオートバイのそれぞれが、その特徴や良さ、メカニズムの面白さ、雰囲気、使い勝手などをトータルにひとつにまとめてひと息で描き出したような独特な書き方によって、生き生きと描き出されている。ひとつひとつ読んでいくことが、オー…

底本:片岡義男エッセイ・コレクション『彼の後輪が滑った』太田出版 1996年

このエントリーをはてなブックマークに追加