片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

エッセイ

ストーリーは銀行に預金してある

 ドーナツの店のカウンターで、僕はドーナツを食べながらコーヒーを飲んでいた。隣りにすわった男性が話しかけてきた。いつもの顔なじみに、ひょいと世間話をむけるのとおなじ調子で、
「やっこさんは、いい大統領だよ。俺は気にいってるね。おまえはどうだい」と、彼は初対面の僕に言った。
「父親がおなじ年齢なんだよ。喋りかたがよく似てて、親しみを感じるよ」
 と僕は答えた。とりあえずの、あたりさわりのない返答だ。
 その男性は重ねて次のように言った。
「まえの大統領のときは、俺は長…

底本:『アール・グレイから始まる日』角川文庫 1991年

  • #女性
  • #彼女
  • #アメリカ
  • #ニューヨーク
  • #角川文庫
  • #コーヒー
  • #日本
  • #ワシントン
  • #大統領
  • #ストーリー
  • #ボストン
  • #仕事
  • #雑誌
  • #父親
  • #エッセイ
  • #車
  • #首相
  • #自民党
  • #失業
  • #銀行
  • #インディアン
  • #珈琲
  • #ブルージーンズ
  • #ジーンズ
  • #家
  • #1991年
  • #アール・グレイから始まる日
  • #おかね
  • #アルバイト
  • #ドーナッツ
  • #ドーナツ
  • #おカネ
  • #カネ
  • #選挙
  • #金
このエントリーをはてなブックマークに追加