片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

エッセイ

ブラックベリーとスニーカーの靴ひも

 東京からひとりで自動車を走らせて三時間、彼女は高原のホテルに着いた。
 よく晴れた明るい秋の日の午後のなかに、静かに、ゆっくりと、夕暮れが溶けこみはじめる時間だった。荷物を持ってホテルに入り、チェック・インした。ベルボーイが荷物を持ち、エレヴェーターで三階の部屋まで案内してくれた。
 落ち着いた、きれいな山荘のような造りの部屋だった。ホテルが背にしている森と、そのむこうの山が、大きな窓からすぐ近くに見えた。彼女は、シャワーを浴びた。熱い湯に体を叩かせていると、いつもの東京での生活からすくなくともいまだけは…

底本:片岡義男エッセイ・コレクション『「彼女」はグッド・デザイン』太田出版 1996年

  • #太田出版
  • #1996年
  • #女性
  • #彼女
  • #「彼女」はグッド・デザイン
  • #エッセイ・コレクション
  • #東京
  • #コーヒー
  • #ホテル
  • #テーブル
  • #ベッド
  • #秋
  • #紅茶
  • #シャワー
  • #夕暮れ
  • #山
  • #エレヴェーター
  • #化粧室
  • #自動車
  • #オープン・カー
  • #プリザーヴ
  • #高原
  • #スニーカー
  • #コーヒー・ショップ
  • #駐車場
  • #紙袋
  • #森
  • #ハンカチ
  • #瓶
  • #夜明け
  • #山荘
  • #つげの木
  • #バター・ナイフ
  • #ブラックベリー
  • #ブラックベリーのプリザーヴ
  • #ベルボーイ
  • #冬の街
  • #星空
  • #皮手袋
  • #秋の日の午後
  • #秋の高原
  • #靴ひも
このエントリーをはてなブックマークに追加