VOYAGER

片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

評論・エッセイ

3月13日 フィクション 1

「お酒を一杯だけ、つきあってほしいの」
 と、彼女は、電話のむこうで言っていた。
 長距離電話のような、遠い声だった。
「今日の夕方の、時間のご都合は、どうかしら」
 と、彼女は、きいた。
 彼女の質問に、ぼくは、微笑した。ぼくの時間の都合など、どんなふうにでも変えることができる。
「時間は、いくらでもあります」
 ぼくは、そうこたえた。
「お忙しいのでしょう、ほんとうは」
 彼女が、言った。
「…

底本:『すでに遥か彼方』角川文庫 1985年

このエントリーをはてなブックマークに追加