片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

エッセイ

アイランド・バウンド

 その島は、上空から見ると、ジェリー・ビーンズのようなかたちをしている。太目になりかけた三日月の、上下両端のとがった部分を丸くしたかたちだ。
 小さな島だ。青い海のうえの、濃い緑色の三日月だ。環礁の一部分だから島の周囲を浅瀬がとりかこんでいる。浅い部分では海の色が淡く、もっと浅くなると海底がすけて見える。三日月の内側は、大部分が、輝く砂浜だ。
 島ぜんたいに、熱帯の樹が、うっそうと茂っている。小さな島から海のなかへ、こぼれ落ちそうなほどだ。
 その濃い緑のなかに、小さな建物が点々と見える。たい…

底本:『ターザンが教えてくれた』角川文庫 1982年

このエントリーをはてなブックマークに追加