片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

エッセイ

やがてはカウボーイも、インディアンとおなじく保護居住地に囲われる身となるだろう、と本物の西部男が言っている。

 モンタナ州とアイダホ州の州境を、大陸分水嶺が東へむかってのびてくる。ワイオミング州の西側の州境にぶつかり、ワイオミング州の北西部に入りこんで、南東にむかって斜めにくだっていく。くだりきると、大陸分水嶺は、コロラド州との州境のほぼまんなかあたりから、南のコロラド州に入っていく。
 この大陸分水嶺はロッキー・マウンテンズだが、ワイオミング州に入ってきたあたりの大陸分水嶺のすぐ西側には、グランド・ティートン・ナショナル・パークがある。このナショナル・パークの最南端からさらにすこしだけ南にむかってくだっていったところに、ジャク…

底本:『5Bの鉛筆で書いた』角川文庫 1985年

このエントリーをはてなブックマークに追加