VOYAGER

片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

評論・エッセイ

傘の記念写真を撮った日

 傘は絵になる、という法則は充分に成立する、と僕は思う。日常生活のなかにすっかりなじんでいるから、もはや誰も傘に新たな視線を向けることはないようだが、別のページで書いたとおり、開いた状態でもあるいは閉じられていても、傘はなんとも言いがたく奇妙なかたちをしている。人間と雨との関係のなかに、雨に濡れたくない、という領域がある。その領域のなかに実用的に成立して以来ずっと、傘はいまあるかたちで続いてきた。傘をさして雨のなかを歩いている人を写真に撮ることはまずないけれど、傘だけがそこにあると、その傘を僕は写真に撮ることが多い。
<…

底本:『ホームタウン東京──どこにもない故郷を探す』ちくま文庫 2003年

このエントリーをはてなブックマークに追加