VOYAGER

片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

小説

双眼鏡の彼方に

明確な目的を持った彼は、まだその一言を発していない

元本は、ハワイをめぐる5つのラヴ・ストーリーが
収録された『頬よせてホノルル』。
ハワイにいる男の許に、日本から1人の女性がやってくる。
女性を歓待しながら、男には果たしたいと願うある目的がある。
しかしその瞬間はなかなか訪れず、
どういうわけか、空気銃や双眼鏡、古いラジオなど
どこかアナログの匂いのある装置などを時間の中に散りばめながら
ストーリーは展開していく。
彼はその一言をいつ、どのようなシチュエーションで発するのか。


このエントリーをはてなブックマークに追加