片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

小説

100%コットン

感じることが物語になる、これは触覚について書かれた小説

集英社文庫コバルトシリーズの『どうぞお入り 外は雨』に収録された掌編です。少女小説のカテゴリで書かれた物語なのですが、そこに書かれた物語は、二人の大人の女性を通して描かれる、感触、触覚についての話。読んだ少女が大人になった時、ふと思い出すように、仲の良い二人の女性の交流とそれを実感させるサンダルや雨、バルコニーに吹く風、抱き心地やTシャツの質感などが絶妙に描写されています。そして、大人には、こんな風にコーヒーを飲みたいな、と思わせてくれます。

底本:『どうぞお入り 外は雨』集英社文庫コバルト・シリーズ 1982年
初出:不明

このエントリーをはてなブックマークに追加