偉大なるカボチャのワルツ
アイキャッチ画像
東京の世田谷の少年少女の成長は、そのまま東京の空気の変遷のようです
               
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

真紀子と由美子、よく似たタイプの二人の女性は、高校の同級生で今は二十七歳。昭和の終わりに、それぞれが実家の美容院とパン屋を引き継いで、今後の展開を話しています。その話に登場する、やはり高校の同級生だったサックスプレイヤーのシンゴもまた、高校時代からの彼女たちの友人。物語は真紀子と由美子、シンゴと真紀子、シンゴと5つほど年上のボーカリストの女性、そしてまた真紀子と由美子と、二人一組の会話で進みながら、その都度、少しづつ状況が変化していきます。東京の世田谷の少年少女の成長は、そのまま東京の空気の変遷のようです。
底本:『ジャックはここで飲んでいる』2016年、文藝春秋

※価格記載のない作品は275円(税込)となります。