片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

小説

ゆくゆくは幸せに暮らす

要するに人生とは、関係の作りかたとその維持のしかただから

女優と男優、カメラマンと作家の4人による群像劇風の短編小説です。自分が演じた役柄に納得が行かないと、相手役の先輩男優に訴える女優の話は、カメラマンが直面する現実と重なり、作家は、そのようなトラブルについて、「人生は関係性にある」というテーゼを基に見事に解体して見せます。もちろん、事態を解体してみても、問題が決着するわけではありません。しかし、その話の中には、「なしくずしで寿命となる人生」を避けるためのヒントが含まれていました。カメラマンは、なんとなくそのことに気がついて、幸せな人生へと向かいます。

底本:『ジャックはここで飲んでいる』文藝春秋 2016年
初出:「文學界」2014年7月号

このエントリーをはてなブックマークに追加