南長崎線路ぎわ
アイキャッチ画像
立ち読みする 購入 サポータになる
Amazon Kindleで
購入する
3人の女性と出会った編集者。その中でアイディアを得たり、ある予感に包まれながら、夜の線路際へとたどり着く。
               
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

南長崎の線路脇、駅で言えば西武池袋線椎名町駅と東長崎駅の間で起こる出会いと再会の物語。若い女性マンガ家の仕事場に、本を作るための顔合わせに向かった男性編集者が、その母親がやっているコーヒー店へ向かい、そこに長居することで、思わぬ再会も果たします。3人の女性と次々に出会った編集者は、その中でアイディアを得たり、ある予感に包まれながら、夜の線路際へとたどり着きます。一冊の本を作るという仕事の発端が、転がるように物語を生み出し、編集者はそうなるのが当然だったかのように、すれ違う電車の音を聴くのです。
初出:「文學界」2014年9月号
底本:『ジャックはここで飲んでいる』2016年、文藝春秋

※価格記載のない作品は275円(税込)となります。