ボーイフレンド・ジャケット
アイキャッチ画像
小説はどこにある? 人生の中に? 小説の中に?
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

片岡義男の小説には、しばしば作家を職業とする人物が登場する。
そして小説の中で、その作家が書いた小説が披露される、ということがしばしば起こる。いわば小説内小説だが、これはそれを徹底した作品である。
なにしろ地のストーリーよりも、小説内小説のスペースのほうが多いくらいだから。
「まるで小説だ」と口にされる時、それは人生のことをそう呼んでいるわけだが、
しかしそれを読んでいる読者が今まさに読んでいるものは人生ではなく小説である。と、いうような混乱を、この小説は爽快に駆け抜けてみせる。