貸し傘あります
アイキャッチ画像
例えば東京とは、雨と水商売と、 貸し傘と、どうにかなる女と男。
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

『人生は野菜スープ』に収録された作品では、娼婦やストリッパーなど、社会からはみ出したような女性が描かれているが、本作ではホステスだ。
舞台は東京・銀座。水商売の女性と少なからず同じ時間、空間を共有するのは、例えばクラブで伴奏をするピアニスト。
彼女たちにとって、心強い伴奏者であり、時に人生の伴走者である彼とは、店から借りる傘で身を寄せ合って雨をしのぐような関係の中で呼吸をしている。過去も未来もあるだろう、しかし今は関係ない。
水商売から提供される相合傘の下で揺れているばかりだ。