青春の荒野ってやつ
アイキャッチ画像
百歩譲ってこれが青春だとしても、 断じて暴走ではない。
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

「俺あ、必死だよ」。主人公・美治のその言葉に偽りはない。
大人から見れば単なる暴走族にしか見えない集団のリーダーにあたる男には、一定の行動基準がある。
世間におもねることなく、四輪で、二輪で走る行為を楽しむこと。同時に、アウトローを気取らないこと。
実際彼には、職場があり、家族がいて、フィアンセがいる。
そして自らの生命の危機に隣接した時でさえ、社会の側が走る行為を封殺しようとする、その糸口を見事に絶つ。
自ら「青春」などと呼ぶことはない。
ただそれを、他に何と名付けたらいいのか、わからないだけなのだ。