アイキャッチ画像

現実に引きずられる国

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

 日本政府がやろうとしている憲法の改正は、あっさりと実現するだろう。そして新しい憲法は、その字面だけをぼんやりと読んでいるかぎりでは、たいそう立派なものとなる可能性は高い。

 改正の理由として、一般的に言ってもっとも説得力があるのは、現行憲法はいまそしてこれからの日本を取り巻く現実に合致しなくなったから、というものだ。この憲法では現実に対応出来ないから改正する、というわけだ。現実に合わなくなったものの典型としてあげやすいものの代表が、第9条だろう。

 日本は憲法を改正して現実のあとを追う国になる。新たな現実は次々に立ちあらわれる。だから日本は次々に現実を追う国になる。次々に現実を追えば、現実に引きずられる国になるにきまっている。憲法を改正した日本は、現実に引きずりまわされる国となる。

 いまの憲法は占領軍としてのアメリカに押しつけられたものだ、という言いかたがひと頃はかなりの力を持っていた。いまその力は少し弱くなっているようだが、このとらえかたはじつは多くの人の胸の底に、いまも横たわっているのではないか。そしてそれは、いま日本人がみずからの手で憲法を作ってなにがいけないのか、という言いかたに賛成するかたちで呼応する。

 戦後の日本の展開に沿って言うなら、新憲法は世界に向けて日本を解放した、という言いかたがもっとも正しい。憲法としては理想主義に過ぎるのではないか、という言いかたはいまもある。当時のアメリカで頂点に達した感のあるリべラリズムが、自国ですら出来なかったほどに理想的な実験を日本で試みようとしたから、新憲法は理想主義的なのだ。

 崇高な実験、という言いかたをよく目にする。そのとおりだ。そしてそれにふさわしい効果を上げた。戦後の日本を戦前・戦中のそれとくらべてみれば、この両者のあいだにもたらされた落差は、崇高と形容するに値する。現実に合致しなくなったから改正するとは、崇高とすら言われた理想を捨て去ることにほかならない。

 日本政府のような場数を踏んでいない人たちが現実的になろうとすると、現実に引きずられるだけとなる。第9条を現実に合わせれば、日本は武力を外に向けて行使する国になるのだと理解し、周辺諸国は警戒を高め日本との関係を変えていくだろう。日本はアジアのなかで不安定となり、場数を踏んだ国はそれを自国の利益に結びつけるはずだ。不安定な状態となって、そこを巧みに利用される。現実に引きずられるとは、昔も今も変わることなく、そういうことではないか。

(『自分と自分以外ー戦後60年と今』2004所収)


2004年 『自分と自分以外ー戦後60年と今』 憲法 戦後 日本
2015年11月8日 05:30