アイキャッチ画像

日本の主権のなかにあるアメリカ

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

ー2003年10月31日*ー 「まえがき」参照

 イラクの復興を支援するための資金の一部として、日本がアメリカから拠出を求められる金額が、一兆円はいくだろう、いやもっとだ、などと話題になったのは、二〇〇三年の九月から十月にかけてのことだった。TVのニュース番組の画面にアーミテージ国務副長官が姿をあらわし、「日本からの支援額が、たいそう気前のいいものとなるのは間違いない、と期待している」と、日本の記者たちにきわめてカジュアルなかたちで語る様子を、TVを見ない僕ですら、たまたま近くにあってニュース番組を映し出していた画面に、少なくとも三度は見た。副長官のこの発言は、かなり頻繁に日本のTVで繰り返し紹介されたようだ。

 こういうことをこんなかたちで言うのも、国務副長官としての重要な仕事の一部分なのだろうか。前もってこういう言いかたをしておくことにより、ここはやはり限度いっぱいに出さなくてはいけないのだなと、日本側に判断させるためのメッセージを、彼は送ったのだ。日本が拠出することにきめた五十億ドルという金額は、そのメッセージがひとまずは効果を上げた証拠だと言っていい。

「たいそう気前のいい」という部分を、副長官は「クワイト・ジェネラス」という言いかたをしていた。日本の新聞では、この平凡な英語のひと言に、「寛大な」という訳語があてられている。首相もTVでそう言っていた。ジェネラスという言葉には、「けちな考えに左右されることのない高く広い精神」という意味は確かにあるけれど、国務副長官発言の文脈では、日本からの拠出金の額の多少を問題にしているのであり、拠出にかかわる日本国としての志の高低を問題にしているのではない。「たいそう気前のいい」などという日本語にはしないほうがいい、という日本側における自主規制にも似た意図を担った意訳として、「寛大な」という言いかたが選ばれたのだ。

 文脈から判断して意訳の範囲を越えすぎているから、「寛大な」は誤訳と言うほかない、しかも明らかに意図的な。イラクの復興を日本も資金面で支援するのはいいとして、その支援額に関してアメリカの国務副長官から、「日本からの支援額がたいそう気前のいいものとなるのは間違いない、と期待している」などと、なぜ日本は言われなくてはいけないのか。なにを言おうとそれは副長官の側の問題だとすると、「たいそう気前のいい」拠出額とは、アメリカの期待としてどのくらいの額なのか。

 副長官は「ビリオンズ」という言葉も、日本側に伝えたという。日本が「自主的」にきめた五十億ドルという額は、ビリオンズの一語によって言いあらわされる範囲のまんなかであり、その意味ではまさにビリオンズだが、アメリカは八十億ドルさらには百億ドルに近い金額を、期待していたのではないか。副長官はわざわざ「ビリオンズ」と言った。そのわざわざ加減から判断して、五十億ドルはぎりぎりの線だ。

 ここはひとつ気前よく出せよな、という国務副長官の遠慮のない発言の立脚点は安保だ。この条約によって日本はアメリカと軍事同盟を結んだ。軍事同盟であるからには、少なくともその範囲内だとアメリカが判断するかぎりにおいて、アメリカは日本を自由に動かせるはずだ、と判断するのがいまのブッシュ政権だ。対日講和条約そして日米安全保障条約が調印されてから半世紀を経てようやく、アメリカの軍事行動つまりアメリカの都合によって、日本は戦場あるいはその近辺へと、いろんなかたちと内容とで、引き出される段階へと到達した。

 対日講和条約が調印されたサンフランシスコ講和会議に、インドは出席を拒否した。日本の内部にアメリカの軍事基地をこの規模で残したままで、日本の独立は正当性を持ち得るのかどうかという、これ以上ではあり得ないほどに正しい理論に、インドはみずからの行動を重ねたのだった。調印の次の年、日米行政協定というものが調印された。国会による承認といった手続きなしで米軍に基地を提供することが出来るというような部分は、日本の主権に対する重大な侵害ではないかと、当時の日本で大問題となった。この頃から現在にいたるまで、日本の主権は侵害され続けたのではなく、日本はその主権のなかにアメリカを持ち続けたのだ。

底本:『影の外に出る──日本、アメリカ、戦後の分岐点』NHKブックス 2004年

『影の外に出るー日本、アメリカ、戦後の分岐点』 |公開済エッセイ一覧

影の外に出る

タグで読む03▼|片岡義男の書いたアメリカ

banner_tag_america

関連エッセイ

2月1日 |岩波写真文庫が切り取ったモノクロームのアメリカ


2月9日 |我々は連合してここに存続する、と一羽の鳥が言う


5月3日 |第9条


5月26日 |日米関係は四文字熟語か


12月26日 |大統領命令と日本


12月28日 |半世紀を越えてさぼったこと



2004年 『影の外に出る──日本、アメリカ、戦後の分岐点』 アメリカ 戦後 日本
2017年2月10日 05:30
サポータ募集中