VOYAGER

片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

評論・エッセイ

町のどこに私が立ちどまっても

マイエロヴィッツは、写真を撮るためにストリート・シーンを見るときの自分について、「町へ出ていってどこに立ちどまっても、もし私が注意深く見るならば、目の前にあるカオスないしはヴォイド(なにもない虚ろな空間)から、興味を持ちうるなにごとかを、かならず見つけることができる」と書いている。

片岡義男エッセイ・コレクション『なぜ写真集が好きか』太田出版 一九九五年
『紙のプールで泳ぐ』新潮文庫 一九八八年所収

このエントリーをはてなブックマークに追加