片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

関連本

世界地図の歩き方 23 ウルリヤンナの墓

世界で自殺率が最も高かったのは、極北の民イヌイット社会だった。えっ、どうして!? イヌイットにキリスト教は教会を作り、人々を集め村を作った。獲物は減って奪い合いが起こり、狩猟にはスノーマシーンが必要となり、ガソリンを買うため乱獲がはじまった。こうしてイヌイット社会は崩壊していった。北極に別世界を見ようとしていのではあるまいか?

このエントリーをはてなブックマークに追加