片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

小説

今日この頃です

二組の男女による、コミックスと紅茶にまつわる会話。作家はこうして、アイデアを育んでいく。

前半は北村恵子と河合新兵、後半は岸田作治と青山恭子という、二組の男女が語り合います。二組はいずれも男女の片方がコミックス作家で、会話の中ではこれから書かれるかもしれない作品のタイトルも登場します。二組の男女の会話は自由に連想を続けていき、カルピスに炒飯、裸の女性に手拭いといった、片岡義男の作品世界を象徴するキーワードが次々と現れます。二組の男女は似ているようでどこか違う特徴を持ち、二枚の絵をもとに間違い探しをするような楽しみも味わえます。たとえば片方は紅茶から話が始まり、片方は紅茶で話が終わる、というように。

このエントリーをはてなブックマークに追加