片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

エッセイ

代田2丁目19あたり

東京を撮る 23

2019年9月13日の午後に、世田谷代田駅を地上に出て、駅前からかつて片岡義男氏が住んでいた代田2丁目19あたり、さらにかつて踏切があったあたりへと歩き、珈琲豆の焙煎と珈琲の店グラウベルへと至るまでの、連続する風景を数点づつ切り取った写真が並びます。風景は世田谷代田駅周辺でも、そこから九州や北海道にも、グラウベルの珈琲にも連続していることを、写真で切り取った数枚で表していく、その並びは、フレームの外の広がりも感じさせてくれます。

このエントリーをはてなブックマークに追加