片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

エッセイ

玉川学園から町田へ

東京を撮る 20

町田の写真を撮るために、最寄り駅である玉川学園駅へと向かう片岡義男氏は、新しいカメラである富士フイルムのX-E3のテストを兼ねて、駅周辺の写真を8枚撮ります。スーパーの入り口、足下、階段と、町の境界に目を向けた写真の後に続くのは、夏の町田の風景27点。町田だけで1000枚の写真集が作れると考える片岡氏は、それを実践するように、うなぎや夏祭りの提灯、ビールなどを、いつもの路面と建物の境界や、看板、階段といったモチーフの中に積極的に混ぜているようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加