片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

エッセイ

写真に撮ってみた

東京を撮る 38

38回目の「東京を撮る」は、ブツ撮りとはどういうことかを、写真と文章で丁寧に説明してくれているようです。ステトラーのチョコレートの箱、カファレルのチョコレートの詰め合わせが入った小さな箱、把手が独特なドゥミタスカップ、自宅の窓から見える桜、清涼飲料水の蓋は太陽が作る影と蓋の置き方を説明し、スペインの水の瓶の蓋が10個。最後は灯台を模したパッケージを含む四つの円筒形の塩のパッケージ。撮られている内容ではなく、どう撮ると面白いか、どう撮るのが正解なのかを探るのが、東京を撮ることに繋がるのでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加