片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

わたしの片岡義男

No.9|持田泰「ポスト高度経済成長期文学としての初期片岡義男」

【ヤンキー小説、あるいはロードサイド文学の起源】
 初期片岡義男の背骨には「リアリズム」がある。「ハードボイルド」文体で描くスタイリッシュな都市風俗作家くらいの認識が一般に流布し、「内面」を切り捨てた心地よい客観描写が片岡作品の特徴としてよく挙げられるが、初期片岡義男はむしろアウトサイダーとして――「観察者」として戦後日本、後期昭和の風景、ポスト高度経済成長期の日本を活写している。この「活写」ということが同時代作家の中でもユニークなまでに際立っていて、2015年電子出版EXPOの批評家・佐々木敦との公開対談「スローなデジ…

  • #日本語
  • #戦後
  • #日本
  • #伝統
  • #国民
  • #ストーリー
  • #光
  • #小説
  • #文章
  • #風
  • #日本人
  • #マクドナルド
  • #戦後日本
  • #高度経済成長期
  • #文化
  • #8月
  • #文庫
  • #車
  • #国道
  • #薪
  • #バイク
  • #会話
  • #窓ガラス
  • #スローなブギにしてくれ
  • #ハードボイルド
  • #野生時代
  • #画家
  • #対談
  • #内面
  • #機械
  • #ナイフ
  • #少年時代
  • #アルファベット
  • #音
  • #マンガ
  • #3月
  • #社会問題
  • #推理
  • #校舎
  • #動物
  • #テーマ
  • #ダシール・ハメット
  • #独特
  • #角川春樹
  • #リアリズム
  • #コカコーラ
  • #ラベル
  • #不良
  • #テールランプ
  • #田舎者
  • #1941年
  • #匂い
  • #スローなブキにしてくれ
  • #佐々木敦
  • #持田泰
  • #スタイリッシュ
  • #都市風俗作家
  • #客観描写
  • #初期片岡義男
  • #アウトサイダー
  • #観察者
  • #後期昭和
  • #活写
  • #電子出版EXPO
  • #電子出版
  • #EXPO
  • #批評家
  • #公開対談
  • #公開
  • #スローなデジにしてくれ
  • #片岡義男の全著作電子化計画
  • #初期創作
  • #中間領域
  • #日本文学
  • #正岡子規
  • #叙事文
  • #1900年
  • #写生文
  • #写生
  • #西洋画法
  • #写実主義
  • #映像の文
  • #様式
  • #駆除
  • #モダニズム・プロレタリア
  • #短歌
  • #日本浪曼派
  • #歌人
  • #前川佐美雄
  • #糞努力
  • #ギュスターヴ・クールベ
  • #月並
  • #視力
  • #伝統コード
  • #野生
  • #文芸誌
  • #名探偵
  • #真犯人
  • #伝統的探偵小説
  • #探偵稼業
  • #田中角栄
  • #列島改造
  • #ロードサイド
  • #角川文庫版
  • #青春の荒野ってやつ
  • #暴走族抗争事件
  • #社会問題テーマ
  • #暴走族
  • #反抗
  • #盗んだバイク
  • #盗んだ
  • #ノンポリ・郊外地・中産階級出生
  • #ナナハンバイク
  • #ファイヤーパターン
  • #国道上
  • #村上龍
  • #暴力
  • #カウンターカルチャー
  • #凶暴
  • #朴訥
  • #振動
  • #サイバネティックス
  • #アクセルペダル
  • #マンガ雑誌
  • #喧嘩
  • #死地
  • #マルボロ
  • #ネオンサイン
  • #16号線
  • #片岡義男少年小説以外寡聞
  • #文芸史
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連作品