片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

エッセイ

日本の醬油をタレに使って焼きあげたハンバーガーは、キッコバーガーと言います。

 キッコバーガーという言葉を、つい最近、はじめて見た。ほほう、ついにやったかと、ちょっとした感銘のようなものを、ぼくはおぼえた。キッコバーガー。往年のリキシャマンやゲイシャガールの伝統をふまえて、いまはキッコバーガーなのだ。一二文字でできているKIKKOBURGERSという言葉を、ぼくはしみじみとながめた。
 はじめから順序だてて説明しよう。つい最近のある日、ぼくは、アメリカの雑誌の最近号を大量にかたわらにつみあげ、かたっぱしから見ていた。昔からある有名な婦人家庭雑誌のページをくっていたら、日本のキッコーマンの醬油の広告…

底本:『5Bの鉛筆で書いた』角川文庫 1985年

このエントリーをはてなブックマークに追加