片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

エッセイ

あの夏、僕はチャーリー・ブラウンと同じ服を着てすごした

代田一丁目のチャーリー・ブラウン
 チャーリー・ブラウンがその上半身にほとんどいつも着ているのは、くすんだ黄色の半袖のポロ・シャツだ。僕が今年の一月一日から使っている、イギリスで出版された『ピーナッツ』の日めくりカレンダーでは、コマのなかすべてに色がついている。
 襟は先端が丸くなってはおらず、とがっていて、そして立っている。このポロ・シャツの裾に近いところに、チャールズ・シュルツの手描きで、黒いジグザグ模様が入っている。
 ジグザグの頂点は正面からだとふたつ見える。更におそらく両脇腹にもひと…

このエントリーをはてなブックマークに追加