片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

評論

「解釈憲法」の命日となる日

二〇〇三年十一月十九日
 一九四六年の六月、当時の吉田首相は、「憲法第九条は自衛権の発動としての戦争も交戦権も放棄した」と明言している。日本でいまだに続いている「解釈憲法」の歴史は、このあたりから始まった。二年後、一九四八年の一月、当時のアメリカ陸軍長官は、「日本を反共の防壁にする」と、演説のなかで言った。「解釈憲法」の完全なスタートだ、しかもアメリカに強制されるかたちでの。おなじ年の五月には海上保安庁が設置された。これにはイギリスや中国そしてソ連が反対したが、アメリカは日本に強行させた。以後、日本では戦力が増強されるい…

このエントリーをはてなブックマークに追加