片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

評論

主体的に判断しながら様子を見る日本

二〇〇三年十月二十九日
 いわゆる国際社会、つまり世界各国の複雑微妙な関係の重なり合いのなかで、日本はどのような考えにもとづいてどの位置に立ち、どんな方向に向けてなにをしようとしているのかといったことがらをめぐって、次のような言いかたが最近になって特に多用されているようだ。僕の目にすらとまるほどだから、多用ぶりは異常と言っていいのではないか。思いつくままに列挙すると、次のようになる。
「総合的な見地から判断する」
「日本が主体的にきめていくこと」
「大局的な観点から」


このエントリーをはてなブックマークに追加