VOYAGER

片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

評論・エッセイ

ただひとり東京と向き合う

 どちらの光景のなかにもブロック塀がある。ブロック塀とそれに沿った道。写真に撮られた具体物が類似していることを根拠に、このふたつの写真はよく似ている、と判定することはたやすく可能だ。もっと似ているのは、左右ふたつの光景を写真に撮っているときの僕のありかただ。それは似ているのではない、完全に同一だ。
      
    

 このような光景を写真に撮るとき、僕は僕ひとりきりで東京と向き合っている。孤立無援で天涯孤独だ。写真機とそのなかのフィルムだけが僕とともにある。そしてそれだか…

底本:『ホームタウン東京──どこにもない故郷を探す』ちくま文庫 2003年

このエントリーをはてなブックマークに追加