片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

小説

なんのために生きるの

男性が女性の中に見る、自分を分かっている女性の明晰を描く

三十代後半の男性が二十代後半の女性に結婚しようというような話をしています。男は友人に頼まれて彼女に彼との結婚を勧め、それをキッパリ断られると、今度は自分との結婚はどうかと聞きます。彼女の答えは、その話し方同様にキッパリしていて、その歯切れの良さは心地よい程です。その後、彼女は恋人と会い、「そのために生きている」と思う瞬間を味わうのです。これは、好きな人と一緒にいる悦びについて、冷徹に分析するような、ちょっと捻った恋愛小説。男性が女性の中に見る自分を分かっている女性の明晰が描かれています。

底本:『ジャックはここで飲んでいる』2016年、文藝春秋
初出:「文學界」2015年1月号

このエントリーをはてなブックマークに追加