片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

エッセイ

つい、こないだ

これは片岡義男の写真論であり、街の記憶の話なのでしょう。

下北沢南口商店街を写真で再現した中学生時代に始まって、しかし、その写真を捨て「過去はない」と言った25歳を経て、2018年下北沢の踏切が消えた風景写真を見て、そこに何が起こったのかを考えます。そこから再び、下北沢の過去、自らの過去の記憶を遡り、世田谷線を巡る物語を発想することになる、その経緯を綴ったエッセイ集。世田谷線の起点であり終点、下高井戸の風景が岡田こずえ、篠原恒木、両氏の撮影写真と共に描かれ、そして、森茉莉の一枚の写真から呼び起こされた記憶は喫茶店「邪宗門」、「北沢川」へと繋がります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連作品