片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

小説

ドライ・マティーニが口をきく

私は私の知らない私

酔う、とはどういうことだろう?
酔った自分をまるで憶えていない、とは、どういうことだろう?
酔っている自分が本当なのか、嘘なのか。
大量のドライ・マティーニがもたらした奔放な行動が翌朝には耐え難い羞恥に代わる、としたら
昨日の私とは何であり、今日の私は何だろう?
酔って無意識に呼んだのか、本音が出たのか。
男の悪戯に身もだえする翌日の彼女を、男は愛さずにはいられない。

このエントリーをはてなブックマークに追加