片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

小説

ジョージア州では桃が熟れるころ

どこへでも行ける青年、どこへでも行かせるアメリカ。

自動車を愛し、熟知していること。
そこが北米大陸のアメリカであること。
この2つさえあれば、人はどこにでも行くことができる。
目的も要件も思い出も仕事も家族も恋人も
「どこへ行ってもいい」という自由の前には関係がない。
モーテルを出て、外へ行くこと。
走り続けるに十分な広さがあること。
そこに一人でいることがもたらす大きな微笑には一点の曇りもない。

  • #アメリカ
  • #ロンサム・カウボーイ
このエントリーをはてなブックマークに追加