片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

小説

縛り首の木

死の尻(けつ)をなめた男の昔語り。

狂った青空の下、ひたすら長く延びるカントリー・ロードを行く。
茫漠と広がる大地ばかりが取り囲み、やがて足を踏み入れた
ゴーストタウンに、小説の後半、大木と1組の夫婦が現れる。
1本の木を介して、死がすぐそこにあった時代。
死は、子供たちの手の先、いや、首の周りにあった。縛り首の木のすぐ傍のブランコみたいに。
アメリカの昔と今を貫通する死の光芒。

このエントリーをはてなブックマークに追加