アイキャッチ画像

広島の真珠|ロマンサー文庫03|公開

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

いまから75年前の12月8日未明、日本海軍がハワイ・オアフ島真珠湾を攻撃し、これをきっかけとして太平洋戦争がはじまりました。いわゆる「真珠湾攻撃」の日です。4年後の8月、広島に原爆が投下されます。

真珠湾と広島、2つの爆撃を論じた片岡義男の「広島の真珠」(2016年8月6日公開)をロマンサー文庫として本日公開しました。『坊やはこうして作家になる』(2000年)収録の一編。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-08-14-41-13
*画像をクリックすると「ロマンサー文庫」のページに移動します。

広島の原爆資料館を見た感想を、ひとりのジャーナリストとして、彼は明快に語った。「ここにはコーズがなにひとつない。あるのはエフェクトの影だけだ。これはじつに奇妙だ。ディスターヴィングだ」と、彼は述べた。ディスターヴィングとは、不安な気持ちに駆り立てられるような、というほどの意味だ。(「広島の真珠」)
関連記事

1|Romancer|いろいろ情報|『広島の真珠』片岡義男|戦争のはじまり 戦争のおわり


2|編集部ブログ|20160806|エフェクトの影|その光を僕も見た


3|片岡義男エッセイ365|チャタヌーガ・チューチュー

2016年12月8日 15:41