青いマスカラの涙
アイキャッチ画像
立ち読みする 購入 サポータになる
Amazon Kindleで
購入する
理由があろうがなかろうが、泣く時はいくらでも泣くといい
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

二人の中年女性。46歳。学生時代からの親友だ。一人はピアノ弾きをしており、彼女がカクテル・ラウンジで弾いている所へもう一人が不意に、予告もなく現れたりする。46歳。過去も未来もある年齢だ。そして若い頃には感じなかったであろう、不思議な現象も訪れる。例えば涙。夕陽を見るだけでわけのわからない衝動にかられたり、どうにも不可解な涙が流れたりすることがある。そんな二人が再会して、世間的な親友概念を逸脱した時間もまた、やってくる。二人は今また、いくら泣いてもいい場所を手に入れたのだ。