なんという甘いこと
アイキャッチ画像
まだ始まってもいない物語の空想段階はほどよく甘い
               
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

25歳と28歳と24歳。
この短編には3つの時間が流れている。
24歳、25歳、28歳と自然の時間の流れに沿うのではなくまず25歳から始まるが描かれる場面は28歳のそれで、そこからパッと現実に引き戻されるが、その着地点はさっきまで彼女がいた25歳ではなくもう1年昔の24歳。
そのようなささやかな、しかしめまいのするような時間のアクロバットによって、彼女はいま、ある「甘さ」の中にいる。
それは弱さであると同時に貴重な甘美さでもあるだろう。

※価格記載のない作品は275円(税込)となります。