標的
アイキャッチ画像
小説にだけ可能なこと
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

常軌を逸した、と形容しても差し支えないと思われるここに描き出された光景は、なぜそれが行なわれるのかについては、一切の説明がない。
ここにあるのは、1人の女性の完璧にしなやかな肢体と一丁のライフル銃だ。
筋肉の名前を一つひとつ挙げていくことと、ライフルを構成するパーツについて述べられることはここでは完全に同じ価値を持つ。
そして、人間の知覚や映像表現ではけっしてなしえない1秒の数十分の1という微細な時間のアクションが小説においてのみ可能であることが、よく理解できるだろう。