アイキャッチ画像
立ち読みする 購入 サポータになる
Amazon Kindleで
購入する
孤独な男は、二度失う。 二本の樹を失い、 二回の銃弾がこだまする。
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

長い歳月が、何もかも変えてしまうことがある。そして、最もかけがえのないものが、あまりの純粋さゆえか、やはり長い長いあいだ、記憶の底に沈んだままでいることがある。2つの長い時間が交錯するその時、悲劇に振れてしまうことがある。かつて子供の頃に1年だけ住んだ町のあまりの変貌に呆然としつつ1枚の絵によって忽然とよみがえった自分の宝を男は実に34年ぶりに探し始める。その願いが叶うはずのないことが理解された時、男の居場所はもはや、静かな狂気以外にはない。